セイバーの車種紹介

 

 

皆さんは本田技研工業が生産・販売していた車「セイバー」のことをご存知ですか?
今回はこのセイバーの車種紹介をしていきたいと思います。
セイバーはホンダ技研興業が生産・販売を過去行っていたセダン型の自動車で、同じくホンダ技研興業が生産・販売していたビガーの後継モデルとなっています。
また同じく本田技研工業から販売されていた2代目及び3代目のインスパイアとは姉妹車となっています。
初代セイバーは1995年の2月に2代目のインスパイアとは姉妹車であり、ビガーの後継車であると発表され誕生しました。
2代目セイバーは1998年から2003年の間販売されマイナーチェンジなどを行いました。
しかし2003年に4代目のインスパイアが発表されることになると、インスパイアに統合されるような形で生産や販売は終了することになりました。
このセイバーという車名は英語で剣を意味するサーベルからとられています。
セイバーは「研ぎ澄まされた性能で、鋭く、誇り高き存在を目指す」という意味を込められて名付けられた車名のようです。
皆さんも是非一度このセイバーについて詳しく調べてみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る